Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 秋刀魚の味

小津安二郎監督の遺作とは知らず、久々にBS放送(NHK)で「秋刀魚の味」を観ました。
感想は色々ありますが、何よりこの映画をコマーシャルなしの通しで観れたのが格別でした。
時が経つたのか、私が年を取ったのか、登場する人々は数人の方を除いて全て故人です。

小津安二郎の遺作

この映画を観ながら、ふと同監督の「晩春」を思い出していました。
どちらも妻に先立たれた男の家庭が舞台になり、娘の結婚を巡って、娘と別れる父親の寂しさや
悲しさが、当時の日本の生活風景と共にじわっと表現されています。
小津作品にはこういった娘の結婚物語が形を変えて多くみられます。

「晩春」が作られたのが1949年、小津監督46歳。
原節子29歳、はじめて娘役で小津作品に登場します。
ここでは父親を一人残して嫁いでゆく娘の心情より、父とのわかれを前にして、
少しファザコン気味の娘心が見えかくれし、互いのわかれのつらさが暗示されます。
小津監督が体力気力共に最も脂が乗りだした頃の作品です。
「秋刀魚の味」は1962年、小津監督59歳の作品。
娘役はたいへん美人ですが、少しキツイ性格の岩下志麻が演じます。
24歳になる娘は結婚は考えているが、他家に嫁ぐことで残される父親の身の回りの心配をし、
好きな人が出来ても家族にも告げられず、ズルズルと引きづられることに将来の不安を垣間見せ、
一方父親は、まだまだ先の事と思っていた娘に結婚を迫る折、酒場のママに死別した妻の面影を
見出し懐かしむ......、静かながら、心の奥底で揺れる人々の感情が全編に漂います。
ダメ押しで、父親の昔の教師を登場させ、父親の世話のため嫁ぎ損ねた娘、年を重ねた親子の気持ちの行き詰まりを見せつけます。東野英治郎、杉村春子の演技は見事です。
13年後の作品で、同じテーマを扱いながら、小津監督は自分の体力の衰えと老いを感じ、
誰かに早くお嫁にゆくようにと、諭しているようにも見えました。
「別れのつらさに加え、老いの寂しさ、悲しさ」が深く深くにじりでた作品でした。

この翌年、小津安二郎はガンで没します。享年60歳。
また、女優原節子は、小津の死と共に一切の公の場から姿を消し、銀幕から身を引きます。
スポンサーサイト

春 自転車

だんだん春らしき気配が漂って来ました。

春の走りは気持ちいい!

自転車入門者の私も、今春になってやっと3度目の走りをやりました。
1度目の走りは30kmですが、むかい風がひどくスピードもでず、惨憺たるものでした。
今年の異常な寒さで冬ごもりが長く、自転車はおろか山にも殆ど行かなかった結果が
もろにでたのでしょう、筋肉が退行しています。
里山歩行での影響は余り無かったのですが、自転車は使う筋肉が違うためかきつかったです。
昨年夏から始めた、私の走りの最高距離は50km、希望は体力、気力的にストレスなく
100km走行を目標としています。2度目の走りも無理をせず30km。
3回目は、トースト一枚を食べ、朝8時30分過ぎに家からいつもの自転車専用道へ。
この日は天候もよく、風も弱く、絶好の走り日和、多くの自転車野郎が色とりどりに走っています。
あまりの良い天候に、私は調子に乗って70kmを一気に走りこみました。今までの最高記録です。
走行時間3時間20分、平均20km、休憩は別、12時15分位に家に帰って来ました。
疲れました!  本当に疲れました。  まだ体力が充分出来ていないのでしょう。

私の自転車はクロスバイクといって、マウンテンバイクとロードバイク(スピード用)の中間のもので、タイヤも中間の太さ、余りスピードもでず、いつもロードバイクにスイスイと追いぬかれます。
私の自転車の目的はスピードでなく体力をつけてツーリングに行くこと、
そしてもう一つは山歩きのための補助運動です。 努力して体力づくりをしてます。
夏ごろまでにストレスない100km走行を実現し、輪行袋を下げて、
夏のJR青春切符で何処かへ行きたいなぁ……と勝手に考えています。

菜の花が咲きそろう春の自転車道も、なかなか風情があって、良いものでしょ。

さくら散る

今年の遅咲きのさくらが、早や散りかけました。

長岡天満宮の桜

ブログでは容量(500KB)が足りないため、NPOのHPでさくらを散らしてみました。
新しいウインドウが開きます。
森山直太朗の歌と共に散っていゆくさくらに思いをはせてください。(拙いですが)
 ※さくらの花びらを散らすのは、それなりに結構、手間と努力が必要です!
   桜は風で散るので花びらを横に流れるように修正しました。

すみません! FLASHで画面終了後、新ウインドウへ飛ばしたのですが飛びません。
解決する頃にはサクラが全て散ってしまいますので、リンクに変えました。

原因がわかりました!
各自のパソコン設定でポップアップ機能が禁止の設定になっていると、新しいウインドウは
開きません。(いたずら等の防止のために禁止しておくほうが良いようです)
私はポップアップの禁止を解除したので見れるようになりました。
念のためにリンクを置いておきます。
開かない人は クリックして下さい!   さくら散る  新しいウインドウが開きます!

春の里山 安土町の旅

結構、歩いた! というのが正直な感想です。

アップダウンの階段のイメージが上手く出せません、すみません

火曜日にBさんクループの行事に参加しました。
2~3年をかけて毎月実施される、琵琶湖トレイルの一環で、織田信長の安土城跡がある、
安土の里山歩きです。
男女合わせて総勢19名が参加されました。
ルートはJR安土駅 ~ 桑実寺(クワノミデラ)~ 観音正寺 ~ 繖山(キヌガサヤマ)~ 地獄越 ~ 雨宮龍神社 ~ 北向岩屋観音堂 ~ JR能登川駅ヘ。
アスファルト道一時間、階段のあるアップダウンばかりを3時間、合計4時間程の行程です。
4月の絶好のお天気でも大汗をかきましたから、夏の登りはキツイでしょう。少し疲れました。

「近江の中でも一番空が広いのはここかも知れない」と白洲正子が書いた
繖山(キヌガサヤマ)への取り付きは、パンフに「石段の美しい寺」と書いてある桑実寺です。
この石段は登る側からすれば、美しいより長い! 
400m、延々と石段が続き、またこの階段がキツイ。
およそ20分。桑実寺の境内で少し休憩後、次は観音正寺へ。
ここも自然石の階段を40分の登りです。
景観の素晴らしい、西国三十ニ番札所のこのお寺で、近江平野を望み昼食です。
食後は繖山(キヌガサヤマ)ヘ、この道中もアップダウンの山道や階段ばかりで30分、
平地はありません。
文句をいっていると、疲れた体を癒すように素晴らしい展望が広がってきます。
遠くの山並みと春の田園、琵琶湖が一望できる「湖国の大パノラマ」だそうです。
このルートは総体に道幅も広く綺麗に整備された、大変優良な山道です。
このあと、行く手にはいくつものピークが連なり、山越のアップダウン歩行が続きます。
登る階段、降りる階段、まさに階段のオンパレード、最後の下り階段がまた凄い。
気の遠くなるような長い階段です。
次回、反対ルートの山行を企画をされたら私は絶対に不参加です。弱虫ですから。
しかしながら、今回も無事に帰ってこれました。

春の里山 ウイスキー

先週の木曜日は合計300歳を超えるお兄さん達5人で、桜真っ盛りの長岡天満宮を通り抜け、
小倉神社からの最もキツイといわれる難コース(?)を選び、天王山へと登りました。

春のほろ酔いも良いものです!

そして頂上から十方山を経由し、大山崎の水無瀬の瀧へと下ります。
(今回はウイスキーがメインのため簡単なコースです)
いつもチョロチョロ水の水無瀬の瀧は、この日、何故か、瀧の水量が多く、どうしたの!と
聞きたいくらい別物に見えました。 立派な瀧です、折角だから皆で記念写真を。
大山崎町の家並みを抜けて、2時予約のサントリーウイスキー工場へ急ぎます。
観光バスなどが到着し、私たち2時組は満席です。
色々案内される中で、原酒樽の貯蔵庫はモルトの匂いが倉庫中に漂い、室温も冷やっとして、
何ともいい気分でした。  早く飲みたいな……..と思っていると、試飲室へ。
ここではウイスキー3杯を無料で飲ましてくれます。ロック、ソーダー割、水割りはお好み次第。
私は「白州」の炭臭さが美味しいですね!と係の女性に話しかけ、合計4杯飲みました。
感覚的には、少量しか飲んでないのに、工場を出て歩き出すと、
ふうう……と少しほろ酔い気分になりました。
卑しくも一杯余計に飲んだのが祟ったのか、自分が弱くなったのか、
ウイスキーもたまには、仲々良いものですねぇ……..。
帰り道、300歳が歩きながら「次はビール工場ヘ行こう!」「賛成!賛成!」と即決定。
また一つ楽しみが増えました。
サントリーさんも、リタイア兄さん達のお守りが大変です。 ご苦労様です。

鴻巣山 焼肉パーティ

例年より少し遅咲きの桜を求めて、Bさんグループの親睦焼肉パーティに参加してきました。

皆さん楽しみました! お肉も美味しかった 495KB

「春の暖かい昼のひと時に、桜と三つ葉つつじの観賞を兼ねて城陽の鴻巣山へ散策しましょう!」
というBさんの呼びかけで、なんと21名の参加がありました。
集合は、近鉄寺田駅 午前9時30分。
ルートは水渡神社を経由して鴻の巣山から鴻ノ巣山運動公園ヘ、歩いて一時間位の距離とか。
当然、沿道や神社の桜を見ながら、美味しく焼肉を食べるため、腹調整で歩きました。
この日は春を思わせる暖かい陽ざしで、風もなく、とても気持ちのいい歩きでした。

鴻ノ巣山運動公園には、20基程のカマドを持つ、大変きれいなバーベキュー設備のスペースと
食事テーブルや椅子が並ぶスペースがあります。
火曜日のため他の利用者がなく、全くの貸切で、燃料の薪と共にカマドが3つ用意されていました。
参加者の皆さんが手分けして持参した、牛肉、豚肉、イカ、エビ、ウインナー、各種野菜、さつまいも等、豊富な食材を手当たり次第に鉄板で焼いていきます。 何しろ食べる人が多いですから。
飲み物は各自持参で、まずはビールで乾杯! 旨い! ハイもう一度、乾杯!
肉も野菜もさつまいもも、全ての食材が美味しく、場は盛り上がり、お腹も一杯になりました。

今回の参加費は焼肉費用として一人2000円。Bさんの説明によると、21人で42000円。
食材が20000円足らずで、設備賃料が2100円、一人あたり910円も余りました。
なんと、一人、1100円で豪華な焼肉が楽しめたのです。
Bさんの提案で、余ったお金で一人上限910円、運動公園内のレストランでお茶をしました。

今回も色々な人と、駅から運動公園までの道中を歩きながら喋り、焼肉で喋って、ビールで喋り、
お茶して喋って(私は無口ですが、皆さん沢山沢山喋ってました!)、天候に恵まれ、
本当に楽しい一日を過ごさせて頂きました。
こんな企画、また、お願いします。

ママチャリが戻ってきた

有り難いことにママチャリが帰って来ました。 お早いご帰還です!

auのCM 巨人の星より

妻の自転車を借りて図書館に行ったところ、図書館前の道路に遠目ながら、
何処かで見たような自転車が止まっていました。
それで、いつもの自転車スペースには行かず、道路端の自転車に近づくと、やはりよく似ている。
でも確証は無いので、名前が書いてないかと確認すると、ありました。名前がありました。
私の自転車が道路端に置いてあったのです。カギもかけずに!
盗られた時は、前のカゴに防寒用の手袋とワイヤー錠を入れていたのですがそれはありません。

まず、妻の自転車を駐輪スペースに(カギをかけて)置いて、図書館の用事を素早く済ませ、
道路端の自転車を取りに行き、問題の自転車(盗難歴3回)に乗って無事家に帰りました。
めでたし、めでたし。
しつこいですが、その後、また歩いて図書館まで行き、妻の自転車に乗って家に帰ってきました。
誰のためにこんなことをしているのやら、良い運動です……..と思っておこう!

何と言っても幸いだったのは新しく自転車置を買わなかったことです。
買っていたら本当に困ったことでしょう! 家族2人で4台も自転車は要りませんからね。
(元はママチャリ2台と私専用のクロスバイクがあるため)
でも、まずは戻ってきたことに感謝、感謝です。

BS258 Dlife テレビが面白くなった

随分前から、テレビは面白くなくなりました。

アメリカドラマのオンパレード

スイッチを入れると、どこの国の放送かと思うくらい、韓国ドラマのオンパレード。
そして日本の番組は、「お笑い」が登場し、面白くもないのに、自分たち身内だけが笑って、
はしゃいでいます。
テレビの視聴者は少しも楽しまず、面白いと思わず、ただ白けているだけ。
どの番組を回しても構図は同じ、視聴者不在の一方通行の放映がまかり通っっています。
島田紳助がいた時も、ただうるさいだけで、自分一人で喋りに喋って、身内から無理やり笑いを取るという、全く、彼のための番組だったような気がします。
よく、スポンサーがつくなあと思いながら、テレビを消している日が多かった今日この頃でした。

しかしながら、最近、3月中旬から始まった「BS258 DLife」にはまっています。
アメリカドラマや映画が主体ですが、中身も多彩で面白い。ディズニー番組もあります。
時間帯21時~23時の番組を一週間程、内容チェックのため見ましたが仲々いけます。
お勧めです。無料放送です。

余談ながら、DLife側のプロモーションも凄くて、BS258への専用リモコンを全国のセブンイレブン等のコンビニで無料で配っていました。しかも単4電池2本付きで! 金をかけています。
セブンイレブンに置いてあるDLifeチラシをレジで渡すと専用リモコンをくれるというので、
私も行ってみると、レジ横にあり、店員さんが渡してくれました。
別の日、その話を友人にし、一緒に別のセブンイレブンに行くとチラシもリモコンもなく、
女店員に聞くと、カウンター内の床にあったダンボールから取って渡してくれました。
また、別の友人は奥から出して持ってきた、と言っていました。
これでは、専用リモコンを知らない人はもとより、知っている人も貰いにくい状況です。

推測ですが、DLife側の手数料はブンイレブンの本部にだけに入って、各店舗に還元されていない為、対応が各店舗毎でマチマチなのではと思いました。
3月末で締め切りになり、大金をかけた専用リモコンが沢山残ったのではないかと思います。
是非一度、「BS258 DLife」を観てあげてください! テレビが楽しくなりますよ。

ママチャリを盗まれました

盗難にあったのは、低気圧による衝撃的な風雨が西日本を去った翌日でした。

auのCM 巨人の星より

午前中はまだ肌寒かったので、昼食後、ママチャリに乗って図書館へ。
駐輪スペースに自転車を置き、カウンターで本を返却、新規貸出作業を済ませて
駐輪スペースへ戻る。この間、僅か10~15分。
自転車がない! 私の自転車が見つからない! 
仕方なく家まで歩いて帰り、妻に「自転車を盗まれた!」と言うと、
「多分、学校が休みになったから子供が乗って行ったのよ。
 用が済んだら何処かに捨ててしまうのよ。」と淡々としている。
「それにあの自転車、盗られるの3回目よ!」
なんと、私は被害歴のある自転車にカギもかけずに乗っていたのである。

しかし、迷惑な話である。
古いママチャリながら、私には大層便利な乗り物でした。
トレッキングに行く時など、最寄りの地下鉄やJRの駐輪場に一日置き放し(この時はカギをかけます)、立派な足として活躍していました。
古いと言いながらも、この利便性が消失したのだから、何かで補充しないと
生活のリズムが狂います。あったものがなくなったのだから。
勝手に春休み中の学生だろうと推測していますが、違ったら御免なさい。
よくある話なので書かせて頂くと、
彼らは人の迷惑というものを考えないのでしょうか? 盗むと言うより、
必要だから乗って行ったという感覚。用済になったからその辺に捨てる。
そういえば土手のあたりに放置自転車が何台か倒れているのをよく見ます。
困ったものです。

少しづつ暖かさを増していく春の訪れを感じると同時に、
何とも言えぬ鬱陶しさにおおわれた一日でした。

Appendix

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

kinoko

Author:kinoko
60歳を越えてFlash動画に興味を持ち、好きな読書や映画の感想と
自作動画をコラボしてみました。
(画像サイズ500KBまでの制約はきついです........)

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。