Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北アルプス 涸沢カール

20日~23日、山仲間と上高地から入り、徳沢、横尾、涸沢を往復する長距離山行を試みました。
そのため涸沢ロッジに20日、21日と連泊です。
ガレ場の登り坂を休憩も含め10時間近くの歩きで、体は疲れましたが、2350mの高所は
お天気にも恵まれ、とても涼しく、清々しく、もう気分は最高でした。

北アルプス 涸沢より穂高連峰を仰ぐ

帰路、涸沢から本谷橋を過ぎて横尾に向かう途中、時間は14時を過ぎているのに
たくさんの登山者に出会います。親子連れ、アベック、単独。
道には「14時以降の横尾からの登山は控えてください」と注意看板が何枚も立っているのに
皆さん完全に無視です。この時間だと涸沢へは登り切れません。多分、途中で陽が落ち、
暗がりのガレ場を登ることになるでしょう。とても危険です。 雨でも降ったら最悪です。
他人事ながら、皆んなで心配しながら彼らを見送りました。

徳沢に到着し、ロッジの人に聞いてみると「実は我々も困っているのです」という返事です。
「最近、富士登山が午後から登ってご来光を見るという流れが定着し、このあたりの山でも
夜歩く人が増えていて、注意しても聞いてくれない状況が出ています。
富士山のように整備されていれば良いのですが、他の山では条件が異なり事故につながります。
我々も救助に駆り出されることが増えています。」
「山の事故は自己責任なのに、救助してもらって当たり前という人も多く、我々が止めても
無視する人が増えており困っています。マナーが崩れているようです」と話されました。

色々な苦労話を聞きながら話が年配者の登山に向くと、「お年寄りの登山者も急増していますが、
事故率の高いのはお年寄りです。登りは頑張られるのですが、下りは力尽きてヘタったり、
雨が降って体力が弱って歩けなくなったりと、救助の機会はお年寄りが断然多いですねえ」

話を聞いていると、ルールを守らない人や自己責任を自覚していない人、年齢を考えず自分の力を
過信している人が増えているようです。 山行でも人の心が荒れているのでしょうか。

22日は休息日に指定、新穂高温泉で宿泊です。川沿いの露天風呂に入り、美味しい料理を食し、
無事に登り終えたことに感謝し、ビールを飲んで皆んなで楽しい反省会を行いました。
スポンサーサイト

NHKの体操特番

楽しみにしていた内村航平の個人総合優勝の特集をNHKで観ました。
内村、田中の日本選手を中心に6つの演技を順番に放映し、ビデオ再生も流れる番組でしたが
内容はがっかり。


解説者が競技の流れに沿って難易度、技の構成、技術の完成度を讃えていきますが、途中、
アナウンサーが口を挟み、「長い道のりでした!」とか何とか、どうでも良い内容の解説を入れ、
話をはぐらかします。
再生画面でも技の名前を述べるのみで、技術の完成度や技の説明もなく、
ただ、視聴者に競技映像を見せ続けるだけ。
NHKのアナウンサー、民放を勉強しろよ! 解説者を上手く活用しろよ! と怒鳴りたくなるほど
無意味でつまらない番組構成でした。LIVEではなく後作りの特番なのに!!

私はスポーツ観戦の面白さは、競技の枠組みやルールー、技の凄さ、テクニック、戦略を
視聴者が少しでも多く知る事により、競技への関心が深くなり、2倍も3倍も
競技を楽しめるのではないかと思います。
解説者はそのためにおり、心がけて説明をしているのに、アナウンサーが解説者に突っ込まず、
話を膨らせることもせず、それを妨げ、単に視聴者に絵を見せるだけに終始し、
具体的に何処がすごかったのか、何処が他の選手と違って、世界の快挙である金メダルを
内村が手に出来たのかを語らず、不消化な番組に終りました。 60分もあるのに。
NHKという体質なのでしょが、東電や関電と一緒で極端に守られた放送提供者の限界、
視聴者を意識せず自分本位の感覚で多大な費用を使い、大手を振って放送する態度に
いつものことながら失望します。
でも本当に悪いのは、NHKのチャンネルを回した私です。

Tシャツの演奏会

7月の29日(日)、豊中三曲協会 定期演奏会に出席しました。
初心者ながら5月、6月、7月と3ヶ月連続で尺八の合同演奏に出席です。いい経験です。


先生のお声がかリもあり、一度、正式な舞台での演奏を経験してみようと積極行動に出たわけで、
少々間違っても、音が出なくても、合同演奏のため、観客には多分わからないと腹を括りました。
合同演奏の先輩たちは10年、20年、30年の年期の入った人たちばかり、頼れます。
ただ、気が重かったのは出演時の服装です。なにせ邦楽演奏会ですから、紋付・袴、白足袋です。
私は紋付、袴は持っておらず、買う予定もその気もないことを先生に告げ、作務衣で出席する了解を取付けておりました。(尺八の演奏会で作務衣姿の演奏者を時々見かけます)

邦楽が若い人に広がらないのは、服装や様式にも問題があるのではないかと思います。
大層なのです。楽器にはかろうじて投資できますが、衣装等を買うことには大きな抵抗があります。
(うちの先生は買えとは言いませんが)それに難しい。
習い事とはそのようなものでしょうが、演奏する方も、聞く方も、もっと手軽に気楽な環境を作ったほうが裾野が広がるのではないかと思います。
会場を見渡すと年配者が多く、暑いのに着物姿。これでは若い人は……..。

当日の服装は、猛暑を配慮して着物を取りやめ、我々一門は黒のロゴ入り半袖Tシャツを
着ての演奏になりました。
先生の粋なはからいです!

Appendix

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kinoko

Author:kinoko
60歳を越えてFlash動画に興味を持ち、好きな読書や映画の感想と
自作動画をコラボしてみました。
(画像サイズ500KBまでの制約はきついです........)

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。