Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北アルプス 涸沢カール

20日~23日、山仲間と上高地から入り、徳沢、横尾、涸沢を往復する長距離山行を試みました。
そのため涸沢ロッジに20日、21日と連泊です。
ガレ場の登り坂を休憩も含め10時間近くの歩きで、体は疲れましたが、2350mの高所は
お天気にも恵まれ、とても涼しく、清々しく、もう気分は最高でした。

北アルプス 涸沢より穂高連峰を仰ぐ

帰路、涸沢から本谷橋を過ぎて横尾に向かう途中、時間は14時を過ぎているのに
たくさんの登山者に出会います。親子連れ、アベック、単独。
道には「14時以降の横尾からの登山は控えてください」と注意看板が何枚も立っているのに
皆さん完全に無視です。この時間だと涸沢へは登り切れません。多分、途中で陽が落ち、
暗がりのガレ場を登ることになるでしょう。とても危険です。 雨でも降ったら最悪です。
他人事ながら、皆んなで心配しながら彼らを見送りました。

徳沢に到着し、ロッジの人に聞いてみると「実は我々も困っているのです」という返事です。
「最近、富士登山が午後から登ってご来光を見るという流れが定着し、このあたりの山でも
夜歩く人が増えていて、注意しても聞いてくれない状況が出ています。
富士山のように整備されていれば良いのですが、他の山では条件が異なり事故につながります。
我々も救助に駆り出されることが増えています。」
「山の事故は自己責任なのに、救助してもらって当たり前という人も多く、我々が止めても
無視する人が増えており困っています。マナーが崩れているようです」と話されました。

色々な苦労話を聞きながら話が年配者の登山に向くと、「お年寄りの登山者も急増していますが、
事故率の高いのはお年寄りです。登りは頑張られるのですが、下りは力尽きてヘタったり、
雨が降って体力が弱って歩けなくなったりと、救助の機会はお年寄りが断然多いですねえ」

話を聞いていると、ルールを守らない人や自己責任を自覚していない人、年齢を考えず自分の力を
過信している人が増えているようです。 山行でも人の心が荒れているのでしょうか。

22日は休息日に指定、新穂高温泉で宿泊です。川沿いの露天風呂に入り、美味しい料理を食し、
無事に登り終えたことに感謝し、ビールを飲んで皆んなで楽しい反省会を行いました。
スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kinoko

Author:kinoko
60歳を越えてFlash動画に興味を持ち、好きな読書や映画の感想と
自作動画をコラボしてみました。
(画像サイズ500KBまでの制約はきついです........)

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。