Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釜山への船旅 3日目

今日は蟹で有名な「機張」へ蟹を食べに! フロントさんに「4人なら汽車で行くよりタクシーの
ほうが良い、30000w位です」と言われて外に出てタクシーを捕まえる。
「機張へ」と運転手と交渉、25000wで握る。
車中で「しまった!4で割れる数字24000wで握れば良かった」と後悔をするも後の祭り、
次回は同じ轍を踏まないようにしよう。


9時頃にホテルを出たので機張に着いたのは10時頃、40分で蟹のいる機張市場に到着。
早すぎて市場に観光客はゼロ、開店の準備をしている店も多い。
野菜、果物、魚介類を売る露天の店が道路の真ん中に位置し、両脇はカニ屋・魚屋・青果の店舗。
カニ屋のお店の水槽にはタラバやズワイ蟹ぎっしり、おばちゃんの客引きにもめげず、
各店のカニの値段を比較しながら歩く。
背広の韓国人が大きなタラバガニを買っているのを発見。
5.5kg以上あるタラバ240000wを220000wに値切って買っている。
我々もここで食べようと、5kgのタラバ蟹209000wを180000wに値切るも、
思い直して4で割れる数字160000wでしっこく値切る。交渉成立、早速ボイルしてもらう。
(ここでは日本のように焼いたり、天ぷら、刺身とか手のこんだ事はしません)
昼食は5kgのタラバ・突き出し・焼き飯・ビール6本で満腹、〆て194000w、高いのか
安いのか解らないけれど一人3500円也。大満足で大往生、もう当分何も食べられない。

今朝はタクシーで来たので、帰りは汽車で帰ろうと釜田駅までの切符を買う。
@2600w(200円)これも安い。30分乗車、全て指定席、切符を買うだけで改札のチェックはなく、
釜田駅では出口改札もない、記念に切符を持って帰れというのか!
ここは人件費と不正乗車金額、どちらの金額が多いのでしょうか?

その後、昨日、国際市場に行けなかったので地下鉄でチャガルチ駅に。
国際市場は海とは反対側の街側に大きく広がって存在します。店は多く、何でも売っていますが
買うものはありません。ちなみにカバン屋さんでポーチの交渉すると、一声33000w、
値切ると30000w、20000wに負けろと言うとダメと返事。帰りかけると、社長!25000wと
店主が声を張り上げる、ダメダメと手を振ると、今度は23000wと叫ぶ、
馬鹿らしいので無視して離れる賢明な4人組でした。
ただ、ツレの一人が露天で10000wのスニーカーを買いました。
が、翌朝、足を入れて紐を結ぶために靴のタンを引っ張ると見事に取れてしまいました。
こんなものでしょう!ここの靴は。
(彼は思い出のために捨てずに家に持ち帰りました、どうするのでしょうか)


そんな訳で買うものもなく歩き疲れて、おしゃれな喫茶店に入って休憩です。
コーヒー3900w・オレンジジュース4500w、すると、ここで素晴らい出会い(?)をするのです。
お店のオーナーである中年の上品な女性が現れ、「雑誌を見て来られたのですか?日本の
旅行雑誌にここが紹介されていて、私はボランティアで観光客に釜山の紹介をしています」という。
つまり、安くて美味しい韓国料理や焼肉、ホルモン等のお店も紹介して下さるらしい。
福岡のビジネスマンがよく利用するシングルで3000円位のホテルも皆に好評とか。
次回訪韓の時は必ず連絡ください!と、お店の名刺に名前・携帯番号・メールまで書いてくれた。
「実は明日、バスで慶州に行く予定です!」というと、「辞めなさい、明日から韓国はお盆で、
高速道路は混んで車が動かない、汽車も切符があるかないか、絶対に辞めなさい、帰れなく
なりますよ。」ときつくアドバイスを受ける。「釜山で仏」と思える今日一の良い情報です。
寝耳に水の出来事で明日の慶州行は中止、代替えの観光スポットを聞くと、釜山の中心部と橋で
結ばれている影島の最南端にある岬、「太宗台」の灯台と海がいいという、韓国人が行くスポッ
トのようだ。獲りたての魚の刺身料理もあると提言。刺身につられて明日の観光はここに決定。
なごやかな中、喫茶店に2時間以上長居してホテルへ帰りました。

今夜は昨日ホテルから予約を入れている「釜山シティツアーバス」のナイトツアーがあるのです。
釜山駅を19時30分出発、2時間観光のため、夕食はツアー終了後です、今夜はふぐ料理。
ツアー費用10000w、これも安い。しかし最悪でした! 絶対にお勧め出来ません。
① ツアー中、バスでの案内が日本語、英語共になく、韓国語案内だけで何もわからない。
② バスは2時間走るも、写真タイムで広安大橋に2回止まり、景色が見えるのはここだけ。
  車窓から見える景色は真っ暗で何も見えない。観光案内もなく、ただただバスが走るだけ。
  同乗の欧米人はブーイング、そして我々もお腹立ち。(中国のケバケバが懐かしい)
③ バスの運転手の運転が荒い! 急発進、急ブレーキ、猛スピードで気持ちが悪くなり、車酔、
  ホント金を払って疲れに来たようなもの、負けそうです。
バスは立派ですがサービス精神は皆無、日本では信じられません。
ツレの1人がバス酔いになり、普段黒い顔が真っ白です。ホント、最低、最悪、時間の無駄、
車酔いの薬を用意しとけ!と言いたいです。
ホテルに帰って親切なフロントさんに話すと、韓国の運転手はそんなもんです!….で終り。

被害者が出たため、今晩のふぐ料理は中止となり、仕方なく、残りの3人はホテルの前の
ソーメン屋で軽く夕食、ここもまあまあの味で、店主(お姉さん)の愛想も良く安かった。
ビール2本にソーメン3杯、計16500w(一人400円)。
被害者が早寝したため、今夜はホテルでの宴会は中止し、大人しく就寝です。
スポンサーサイト

釜山への船旅 2日目

船での夕食後、夜のイベントが始まります。
ロシア人によるダンス、トロンボーン・チェロの演奏、韓国人による手品と楽しませてくれます。
(一応プロでしょう)。翌朝、トロンボーンの演奏者は朝食バイキングを手伝っていました。
他のプロ達も船作業を兼業して頑張っているのでしょう。
夜もふけ、今宵は2段ベッド2列の狭いマイルームへ帰り就寝します。



翌朝、10時過ぎに釜山港に到着する筈の船が、航海途中大型船通過のために停船し、
12時に釜山港に到着。2時間の遅れです。
下船後、急いで港からトランクを転がし地下鉄へ。
地下鉄の乗り場へ行くと、なんと日本語が喋れる韓国のボランティアおじさんが居て、
切符の買い方から利用方法まで親切に教えてくれました。日本語が上手、
韓国のお年寄りは結構日本語が喋れる方が多いと聞いてましたが大歓迎です。
観光なら一日乗車券を買いなさいと勧められ、金額は4000w(300円)、安い。
1~4号線まである地下鉄は清潔で綺麗、路線は釜山の街を大方網羅しています。
また、ホームには危険防止の安全柵や扉までありますが、改札やホームの駅員はいません、
ほぼ無人、大幅な省人化です。凡一駅に下りて、「国際ホテル」へ。
このツアーの最低ランクのホテルですが、ネットの口コミを読んで旅行社に指定しました。
フロントが日本語を喋れて親切なのが売りです。凡一という場所は我々には不必要ですが
歓楽街でクラブや飲み屋、カラオケ、ラブホテル.......があるところです。
昼食は親切なフロントさんに教えてもらい、冷麺の親戚、ミンメンを食べる。
麺は黄色く透明、そしてシコシコしています。スープもあっさり、凄く美味しく@3000w(220円)。
店員さんにビールはないの?と日本語で言うと、お向かいのコンビニを指さす。
持ち込みOKと判断し、早速ビールを買ってまずは乾杯、1.6Lの大瓶ビールで4800w也(350円)。
安い!ホントに安い。一人300円でビールと冷麺の昼食が食べれました。
みんなで「使い応えのある街だ!」と盛り上がり、今度は地下鉄でチャガルチへ。
<

ここは海沿いにある韓国最大級の海産市場、日本人が必ず行くチャガルチ市場ビルには行かず、
周辺部の海沿いの露店街を歩く。
生魚や冷凍魚、海産物が露天の台に並べられ、余り清潔とは言い難いが見て歩くには面白い。
この日(最近)は竹島問題の影響か、日本人観光客は殆どいなくて韓国の人ばかりです。
露天市場は活気があって、下町情緒があって、少し臭くて……..。(これ以上は言うまい)
でも、ホテルでの一杯飲みのアテに、カンケジャン(わたり蟹のキムチ漬け)を1kg、10000w(750円)
で買いました、蟹の片身が20個程あります。ホテルでの宴会が楽しみです。

チャガルチ市場で歩き疲れましたが、もう一つ釜山最大の市場と言われている釜田市場ヘも足を。
活気があり、ものすごい人混みです。お土産はここで買おう決め、ぐったりしてホテルへ帰還、
シャワーを浴びて一眠りです。
夕食はこれもフロントさんに聞いた焼肉店へ、韓国では牛肉は高く、豚肉は安い、この店は牛肉専門
店で天壇のような店づくり、清潔で綺麗です。肉は店員が焼いてくれますが少し焼き過ぎ気味。
ここも安い!ビールを飲んで焼肉を腹いっぱい食べて110000w(一人2600円程)、お客は身なりの
良い韓国人ばかりで、若い人も多く満席でした。韓国の店は流行ってないと敬遠すべし!という。
満腹になり、ホテルに帰り近所の風呂屋へ(フロントさんがスポーツジム兼用の風呂を紹介)。
風呂のみ5000w(380円)、垢すり30000w(2300円)、マッサージもありますが、35000w払って、
垢すりをやってもらう。すっきりと気持ちよくなりホテルへ帰る。
この後コンビニで買い込んだビールとマッコリで4人で宴会。もちろんカンケジャンも食べる。
ビールとアテで宴会費用は38000w(一人700円)。

Appendix

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

kinoko

Author:kinoko
60歳を越えてFlash動画に興味を持ち、好きな読書や映画の感想と
自作動画をコラボしてみました。
(画像サイズ500KBまでの制約はきついです........)

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。