Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinoko102.blog.fc2.com/tb.php/65-2eb747a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

近藤史恵

私が彼女の本を最初に読んだのは数年前「タルト・タタンの夢」でした。
ビストロを舞台にした、心あたたまる短篇集で、読後、タルト・タタンという言葉が頭に残り、
りんごの季節、タルト・タタン風のケーキを何度か焼いたのを思い出します。

自転車競技のオリンピック観戦が楽しみです!

その後、このビストロ・パ・マル物語の続編である「ヴァン・ショーをあなたに」を読み、近藤史恵という作家のイメージを、自分なりに作っていたのですが、今回裏切られました。

それは、自転車の物語、ロードレースの世界を描いた「サクリファイス」「エデン」「サヴァイヴ」の
シリーズを読んだからです。
団体競技であるサイクルロードレースの試合は、チーム6~9人でエントリーします。
但し、エースは一人、その他は全てアシストであり、チームの目標はエースの総合優勝のみ。
アシストはエースに良いタイムをださせるため、徹底して補佐役に徹します。
このシリーズは、エースとアシストという特異で非情な世界で繰り広げられる人間模様を
サスペンス風に味付けし、興味深く、面白く、シリアスに描いています。
また、ロードレースの複雑なルールや、頭脳戦競技といわれるレースでの駆け引きやテクニック、
そして競技の展開を、素人にも分り易く、巧に描きます。
読み手はグイグイとロードレースの世界に引き込まれ、未知であった自転車競技の世界に
魅了されてしまいます。
彼女はロードレースファンであっても、ロードバイクに乗ったことも、ロードレースをリアル観戦した
こともないのに、これらの作品を書いたようです。彼女の底知れぬ力量を感じさせます。
「サクリファイス」は自転車野郎はもちろん、自転車関係者の中でも大きな話題を呼び、
大藪春彦賞も受賞しました。ちなみに、サクリファイスとは犠牲。
自分の勝利は求めず、自分の順位を下げてでも、エースの勝利のために尽力するアシスト、
サイクルロードレースとはそんな特異で珍しい団体競技だそうです。

※ 近藤史恵さんはサスペンスを切り口に、他にも沢山のシリーズものを書いています。
  いつの間にかここ数日で7冊程読んでしまいました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kinoko102.blog.fc2.com/tb.php/65-2eb747a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

kinoko

Author:kinoko
60歳を越えてFlash動画に興味を持ち、好きな読書や映画の感想と
自作動画をコラボしてみました。
(画像サイズ500KBまでの制約はきついです........)

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。