Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の里山 ウイスキー

先週の木曜日は合計300歳を超えるお兄さん達5人で、桜真っ盛りの長岡天満宮を通り抜け、
小倉神社からの最もキツイといわれる難コース(?)を選び、天王山へと登りました。

春のほろ酔いも良いものです!

そして頂上から十方山を経由し、大山崎の水無瀬の瀧へと下ります。
(今回はウイスキーがメインのため簡単なコースです)
いつもチョロチョロ水の水無瀬の瀧は、この日、何故か、瀧の水量が多く、どうしたの!と
聞きたいくらい別物に見えました。 立派な瀧です、折角だから皆で記念写真を。
大山崎町の家並みを抜けて、2時予約のサントリーウイスキー工場へ急ぎます。
観光バスなどが到着し、私たち2時組は満席です。
色々案内される中で、原酒樽の貯蔵庫はモルトの匂いが倉庫中に漂い、室温も冷やっとして、
何ともいい気分でした。  早く飲みたいな……..と思っていると、試飲室へ。
ここではウイスキー3杯を無料で飲ましてくれます。ロック、ソーダー割、水割りはお好み次第。
私は「白州」の炭臭さが美味しいですね!と係の女性に話しかけ、合計4杯飲みました。
感覚的には、少量しか飲んでないのに、工場を出て歩き出すと、
ふうう……と少しほろ酔い気分になりました。
卑しくも一杯余計に飲んだのが祟ったのか、自分が弱くなったのか、
ウイスキーもたまには、仲々良いものですねぇ……..。
帰り道、300歳が歩きながら「次はビール工場ヘ行こう!」「賛成!賛成!」と即決定。
また一つ楽しみが増えました。
サントリーさんも、リタイア兄さん達のお守りが大変です。 ご苦労様です。

鴻巣山 焼肉パーティ

例年より少し遅咲きの桜を求めて、Bさんグループの親睦焼肉パーティに参加してきました。

皆さん楽しみました! お肉も美味しかった 495KB

「春の暖かい昼のひと時に、桜と三つ葉つつじの観賞を兼ねて城陽の鴻巣山へ散策しましょう!」
というBさんの呼びかけで、なんと21名の参加がありました。
集合は、近鉄寺田駅 午前9時30分。
ルートは水渡神社を経由して鴻の巣山から鴻ノ巣山運動公園ヘ、歩いて一時間位の距離とか。
当然、沿道や神社の桜を見ながら、美味しく焼肉を食べるため、腹調整で歩きました。
この日は春を思わせる暖かい陽ざしで、風もなく、とても気持ちのいい歩きでした。

鴻ノ巣山運動公園には、20基程のカマドを持つ、大変きれいなバーベキュー設備のスペースと
食事テーブルや椅子が並ぶスペースがあります。
火曜日のため他の利用者がなく、全くの貸切で、燃料の薪と共にカマドが3つ用意されていました。
参加者の皆さんが手分けして持参した、牛肉、豚肉、イカ、エビ、ウインナー、各種野菜、さつまいも等、豊富な食材を手当たり次第に鉄板で焼いていきます。 何しろ食べる人が多いですから。
飲み物は各自持参で、まずはビールで乾杯! 旨い! ハイもう一度、乾杯!
肉も野菜もさつまいもも、全ての食材が美味しく、場は盛り上がり、お腹も一杯になりました。

今回の参加費は焼肉費用として一人2000円。Bさんの説明によると、21人で42000円。
食材が20000円足らずで、設備賃料が2100円、一人あたり910円も余りました。
なんと、一人、1100円で豪華な焼肉が楽しめたのです。
Bさんの提案で、余ったお金で一人上限910円、運動公園内のレストランでお茶をしました。

今回も色々な人と、駅から運動公園までの道中を歩きながら喋り、焼肉で喋って、ビールで喋り、
お茶して喋って(私は無口ですが、皆さん沢山沢山喋ってました!)、天候に恵まれ、
本当に楽しい一日を過ごさせて頂きました。
こんな企画、また、お願いします。

ポンポン山

寒い寒いと思い過ぎ、巣ごもりが祟って体のあちこちが傷んでいます。完全に運動不足です。
勇気を出して、昨日は寒い中、いつものメンバーでポンポン山へ行きました。

今回は少し動画を大きくしてみまました

外気は低くも空は青く陽光がさし、山歩きには絶好のコンディション。
しかし歩くほどに、先日来の寒さで山道には雪が残り、小さな瀧は凍り、時折吹く風が樹々につく雪を散らし、まるで小雪降る冬山を歩いているようなロマンチック風景でした。

歩きながら私は2年前の事を思い出していました。
私が山を歩き出したのはリタイヤした年の夏からで、NPOのHさんの手ほどきです。
Hさんは長時間歩くことが無かった私を天王山へ誘い、飽きささず、毎回コースを変えながら山歩きの楽しさとイロハを教えてくれました。
その後、ベテランのSさんが加わり、Hさんと一緒に天王山からポンポン山、愛宕山、六甲山等々、北アルプスへと誘って鍛えてくれました。
もう何回、彼らと山を歩いたことでしょう。
有り難いことに、お二人のお陰で今回の山歩きも、私にとってはハイキングの感覚で歩けました。
お二人に改めて感謝です。

新春 大文字山

2012年1月8日、今年初めての山歩きに大文字山に登りました。今回の山行は、○○会さんが毎年恒例で行われる「新春大文字山」に参加させて頂いたものです。



総勢27名?。銀閣寺から登るグループと山科から登るグループが大文字山の頂上で出会い新年の挨拶を交わし、ぜんざいを作って今年一年の健康と幸せ等々を願うという恒例行事だそうです。私は銀閣寺グループです。
その為、各自 500CCの水一本と鍋、コンロ、あずきに砂糖、餅を手分けして登って来られるのです。

この日、登り口の銀閣寺付近は大変に良いお天気でしたが、大文字山の頂上は今にも雪が降りそうなくらい、周りは白くて冷たい天候で、頂上からの景色もガスがかかり見えにくい状態でした。温度は0度。寒い寒い!!
そんな中、銀閣寺グループは頂上到着時間が30分ほど早いため、山科グループを待ちました。動かずにいると寒い寒い、山科グループが到着し、震える中で食べた「ぜんざい」は暖かく、今年最初の幸せを運んでくれました。

Appendix

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

kinoko

Author:kinoko
60歳を越えてFlash動画に興味を持ち、好きな読書や映画の感想と
自作動画をコラボしてみました。
(画像サイズ500KBまでの制約はきついです........)

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。