Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tシャツの演奏会

7月の29日(日)、豊中三曲協会 定期演奏会に出席しました。
初心者ながら5月、6月、7月と3ヶ月連続で尺八の合同演奏に出席です。いい経験です。


先生のお声がかリもあり、一度、正式な舞台での演奏を経験してみようと積極行動に出たわけで、
少々間違っても、音が出なくても、合同演奏のため、観客には多分わからないと腹を括りました。
合同演奏の先輩たちは10年、20年、30年の年期の入った人たちばかり、頼れます。
ただ、気が重かったのは出演時の服装です。なにせ邦楽演奏会ですから、紋付・袴、白足袋です。
私は紋付、袴は持っておらず、買う予定もその気もないことを先生に告げ、作務衣で出席する了解を取付けておりました。(尺八の演奏会で作務衣姿の演奏者を時々見かけます)

邦楽が若い人に広がらないのは、服装や様式にも問題があるのではないかと思います。
大層なのです。楽器にはかろうじて投資できますが、衣装等を買うことには大きな抵抗があります。
(うちの先生は買えとは言いませんが)それに難しい。
習い事とはそのようなものでしょうが、演奏する方も、聞く方も、もっと手軽に気楽な環境を作ったほうが裾野が広がるのではないかと思います。
会場を見渡すと年配者が多く、暑いのに着物姿。これでは若い人は……..。

当日の服装は、猛暑を配慮して着物を取りやめ、我々一門は黒のロゴ入り半袖Tシャツを
着ての演奏になりました。
先生の粋なはからいです!

インスタントラーメン発明記念館

炎天の日曜日、今回はNさんのグループに参加。総勢19名。
池田市にあるインスタントラーメン発明記念館に行って来ました。

百福さん無料の休憩場所を作って下さい!


ここはチキンラーメンの手作り体験工房やマイカップヌードルのファクトリーがある体験型の
食育施設で、インスタントラーメンに関する展示が少しだけあるという内容です。(後で知りました)
入場は無料で予約不要。気軽に訪問できます。

阪急宝塚線の池田駅から歩いて5分。
割肌の赤色系御影石を張り詰めた立派な建物があり、建物前の芝生には右手にチキンラーメンを
持って、カップヌードルに乗った安藤百福氏の立像までありました。
入り口は親子連れやグループ・子供の団体でいっぱい、大した賑わいです。
マイカップヌードル作りは子どもや家族連れには大人気で、順番待ちの列が出来ています。
体験は有料で300円、作業80分。我々はそんなに待てず、60分後の集合で散りました。

館内を歩くも、試食、サンプル商品の提供はなく、有料体験以外は見るところもなく、
休憩場所もありません。ただ立って時間を潰すのみ、素晴らしいサービスです。
サントリービールやウイスキー工場が地元にある私にとっては辛くて、しんどい訪問でした。
多分自分がケチなのでしょうが、日清食品は〇〇な会社だなぁ……と思いました。
その後、ファミレスで昼食をとり、ゆっくりと座らせてもらえました。 年寄りにはキツイ。

近藤史恵

私が彼女の本を最初に読んだのは数年前「タルト・タタンの夢」でした。
ビストロを舞台にした、心あたたまる短篇集で、読後、タルト・タタンという言葉が頭に残り、
りんごの季節、タルト・タタン風のケーキを何度か焼いたのを思い出します。

自転車競技のオリンピック観戦が楽しみです!

その後、このビストロ・パ・マル物語の続編である「ヴァン・ショーをあなたに」を読み、近藤史恵という作家のイメージを、自分なりに作っていたのですが、今回裏切られました。

それは、自転車の物語、ロードレースの世界を描いた「サクリファイス」「エデン」「サヴァイヴ」の
シリーズを読んだからです。
団体競技であるサイクルロードレースの試合は、チーム6~9人でエントリーします。
但し、エースは一人、その他は全てアシストであり、チームの目標はエースの総合優勝のみ。
アシストはエースに良いタイムをださせるため、徹底して補佐役に徹します。
このシリーズは、エースとアシストという特異で非情な世界で繰り広げられる人間模様を
サスペンス風に味付けし、興味深く、面白く、シリアスに描いています。
また、ロードレースの複雑なルールや、頭脳戦競技といわれるレースでの駆け引きやテクニック、
そして競技の展開を、素人にも分り易く、巧に描きます。
読み手はグイグイとロードレースの世界に引き込まれ、未知であった自転車競技の世界に
魅了されてしまいます。
彼女はロードレースファンであっても、ロードバイクに乗ったことも、ロードレースをリアル観戦した
こともないのに、これらの作品を書いたようです。彼女の底知れぬ力量を感じさせます。
「サクリファイス」は自転車野郎はもちろん、自転車関係者の中でも大きな話題を呼び、
大藪春彦賞も受賞しました。ちなみに、サクリファイスとは犠牲。
自分の勝利は求めず、自分の順位を下げてでも、エースの勝利のために尽力するアシスト、
サイクルロードレースとはそんな特異で珍しい団体競技だそうです。

※ 近藤史恵さんはサスペンスを切り口に、他にも沢山のシリーズものを書いています。
  いつの間にかここ数日で7冊程読んでしまいました。

簡単なチャーシュー作り

このところ暑くなってきたので、お昼は夏の定番、冷麺か素麺ばかり食べています。
麺に入れる具は、金糸玉子、きゅうり、ハムですが、ハムに飽きると自前のチャーシューを作って
盛り付けます。今回はその作り方をご披露。

短時間で、簡単に作れます

まず、豚バラを購入、今回は600gの豚バラです。
①細身で40cmの長身のため、2つに切って各自タコ糸でくくります。
②フライパンを熱し、タコ糸でくくった豚バラを、脂身を下にして少し焦げ目ができる位まで焼きます。
 同様に各側面をひっくり返し、肉の旨みが逃げないように焼きます。過分な脂も落ちます。
③圧力鍋に熱湯を張り、肉の臭み取りにネギ、生姜を入れ、表面を焼きこんだ豚を煮込みます。
 (ダシの素を一袋入れて煮込んでいましたが、今はそれもやめました)
 圧力フタが上がってから15分で火を止め、少し冷めたらタコ糸を取り除きます。

以前は炊きこんだ豚をチャーシュータレに浸して炊きこんでいたのですが、最近はやめました。
理由は肉を隠す位、浸すタレを多く作るため、残ってもったいないのと、少量の肉を短時間、
タレで炊きこんだり、寝かしても余り肉の中まで味が染み込まないためです。
そのため、必要量のタレを作り、スライスしたチャーシューに直接タレをかけて食べています。
チューブわさびを乗っけて、少し醤油をつけて食べるのも美味しいですよ。
※ タレは醤油、みりん、酒で作りますが味は好みです。
 煮込んだ脂身の多い部位やクズ肉、冷麺一回分のスライス肉と一緒に炊くと
 少しタレに風味がでるような気がします。

非常に簡単で手早く出来るお勧めチャーシューです。

愛犬の誕生日

7月は七夕(タナバタ)の月ですが、実は愛犬が我が家にやってきた月でもあるのです。
早いものでペットショップで見染めてから、もう10年の歳月が経ちます。

相変わらず、今もお腹を空かしています

前の犬が死んで、家族全員が気落ちし、もう犬は絶対に飼わないと宣言して半年後、
ペットショップでみたコーギーの赤ちゃんを抱っこして、もう可愛くて可愛くて、手放せず、
暗黙の合意のうちに、家に連れて帰ることになったあの日から10年。
家中の家具や建具、小物を噛んで噛んで傷だらけにして、日々大きくなっていった彼女は、
今や人間の年齢で言うと56歳のおばさんになりました。
小さい時から犬嫌いで人間好きな彼女は、気に入った人達の足元に、いつもベッタリとすり寄って、
子供の頃から人気者でした。今も変わらず、ご近所の皆さんに可愛がっていただいています。

この動画を、Blogを観ているかもしれない娘たちに!

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

kinoko

Author:kinoko
60歳を越えてFlash動画に興味を持ち、好きな読書や映画の感想と
自作動画をコラボしてみました。
(画像サイズ500KBまでの制約はきついです........)

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。